一般社団法人京都市老人福祉施設協議会が主催する、介護福祉に関するフェスです

ロゴ

かいごみらいフェスとは
HOME > かいごみらいフェスとは

経過と目的

 市老協では、平成20年度に国が11月11日を「いい日、いい日」として介護の日と定めてから、毎年京都市との共催により、講演会、写真展などの記念行事を開催してきました。
 平成30年はその取り組みが11回目の11月11日となり、節目の年となったことから規模を大きくし、内容も体験型に変更してみやこメッセで開催したところ、約1,300人の方々にご来場いただくことができました。
 令和元年は、前年よりも規模を小さくしましたが、同様の内容でイオンモール京都桂川で開催させていただき、約600人の方々にご来場いただきました。
 昨年度は、新型コロナウイルス感染症の感染が続いていたことから、その感染拡大防止のため、これまでの体験型イベントを改め、ラジオやテレビなどのマスメディアやSNSを活用して 介護・福祉人材の確保が非常に困難な状況のなかで、少しでも介護・福祉の仕事についての理解と認識を深めていただき、その魅力を発信することなどを目的として取り組み内容を大きく変更し、不特定多数の方々に視聴いただくことができました。今年度もコロナ禍が続いていることから、昨年と同様の内容で京都市老協介護の日記念事業「かいごみらいフェス2021」を開催します。

主催

  • 一般社団法人京都市老人福祉施設協議会

共催

  • 京都市
  • 社会福祉法人京都市社会福祉協議会

協賛金をいただいた団体様等

後援いただいた団体様等

京都市老協発かいごみらいフェス

↑